■プロフィール

鈴木友之

Author:鈴木友之
 ようこそ、日本共産党坂戸市議会議員の鈴木ともゆきのブログです。
 日ごろの活動や出来事をつづっています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
さよなら原発10万人集会
 本日代々木公園で開催された。さよなら原発10万人集会に参加してきました。大江健三郎さんら著名9氏が「代々木公園を埋め尽くそう」と呼び掛けに賛同した多くの国民が集まりました。気温がすごい暑かったですが会場もまた熱かったです。

DSC04071.jpg
 見てください会場に詰めかけた参加者!これはほんの一部です。駅を降りてから、ひと・ひと・人で会場に到着するのも一苦労でした。
 野田内閣がおおい原発3号機の再稼働を強行したことで、国民の怒りがますます広がっていることが参加者の数が物語っています。
 この日、主催者発表では参加者は17万人!!歴史的な集会に参加できたことと原発再稼働に対する怒りで私も熱くなりました。
 子や孫の世代のために「原発ゼロ」「エネルギー政策の転換」を求め全力で頑張ります。

DSC04091.jpg
 パレードの様子ですがすごい人です。


スポンサーサイト
放射能 | 21:45:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
放射線測定器を購入
 日本共産党・坂戸市議団で放射線測定器を購入いたしました。
6e1f2d45b4.jpg
ホリバ 放射線計">ホリバ 放射線計

 測定器は、市役所が使用している測定器と同じ「HORIBAの環境放射線モニタPA-1000(Radi)」です。
 環境放射線モニタPA-1000は、専門の知識がなくても微弱なガンマ線を、いつでも、どこでも、簡単に精度よく測定できるハンディタイプの放射線測定器です。

私の周りでも多くの方が放射線に対する不安をいだいています。20日に坂戸民商さんに測定器を借り北坂戸駅周辺から泉町まで測定した際、私の自宅も測定しましたが0.5マイクロシーベルトを超える線量でした。除染の対象となる数値は、0.25マイクロシーベルト(地表から50㎝)ですから、除染の対象となる数値です。

 自宅の放射線の状況は大丈夫?と不安な方はお声掛けください、測定に伺います。


放射能 | 12:51:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
公共施設の除染の実施へ
  日本共産党坂戸市議団は10月21日、伊利仁・坂戸市長に「放射線測定と除染に関する申し入れ」5つの緊急要望を行い、それぞれ文書による回答を受けていますが、その1つに『全小中学校、保育園、幼稚園、各施設でマイクロスポットとなる可能性が高い「雨樋の下」「雨水枡」「校庭隅の吹き溜まり」などの測定を実施し、必要な場合は除染を行うこと』と要望を行っています。

  市の回答では、私立を含む全保育園及び市で所管する福祉施設については、10月26日から28日にかけて測定した。測定に際して、園庭、砂場のほか、雨樋の下等も含め3箇所測定した。また、末広幼稚園及び小中学校の雨水のたまる箇所等については測定を予定。なお、測定結果により放射線量が高い箇所については、除染を含め対応する。測定結果は、ホームページ等で公表をしていくとのことでした。

  22日、議会開会前の全員協議会において「放射線量測定及び除染結果」の報告がありました。
nuclearcounter01 (2)

・測定施設と結果
 福祉部所管施設の保育園6園、児童センター4施設、学童保育所10施設、福祉作業所2施設、老人福祉センター2施設、福祉センターの計25施設
測定方法は、一か所ごとに地上5㎝、10㎝、50㎝の高さで測定し、坂戸保育園において、庭園のごみ、砂、等を集めていた箇所の測定結果が50㎝の高さで0.24μ㏜と高い数値であったため、除染を11月15日に行い、その結果、5㎝の高さで0.086μ㏜の数値となったということでした。

  教育委員会所管施設の幼稚園、小中学校の測定と除染の結果では、幼稚園1園、小中学校20校の218箇所で測定を行い、除染を実施した箇所は、16校の52箇所と多くの箇所から除染の対象となる放射線が測定され除染が実施されました。

  これまで6月議会、9月議会と放射能に対する対応の強化を求め一般質問を行い10月の21日には、市長への「放射線測定と除染に関する申し入れ」5つの緊急要望を行ってきました。
 今回の除染の実施も市民の皆さんからの切実な要望の実現に向け、地道に働きかけてきた結果だと思います。引き続き市民の要望、要求の実現に向け頑張ります。



放射能 | 22:33:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
地域の放射線の調査
 日本共産党北坂戸後援会は、坂戸民商さんの放射線測定器を借りて、11月20日、北坂戸地域の放射線測定を行いました。
(坂戸民商 測定器貸出は、こちらをご覧ください)
 地域の皆さんが心配している子ども達が遊ぶ公園を中心に計測して回りました。末広公園から伊豆の山、泉町方面と南下し溝畑公園に戻るコースで約2時間計測して回りました。計測していると何をしているんですかと公園で遊んでいる子供たちやお母さんが話しかけてきました。
 放射線の計測をしていることを伝えると興味深そうに測定器を覗き込んでいました。線量が高くないことが分かると「安心して子どもを遊ばせられる」と胸を撫で下ろしていました。
DSC02786.jpg
DSC02778.jpg



放射能 | 19:10:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
個人宅の放射線測定の実施へ
 
 新聞各紙で坂戸市の「個人宅の放射線測定」の実施を11月21日から開始することを報じています。
 日本共産党坂戸市議団は10月21日、伊利仁・坂戸市長に「放射線測定と除染に関する申し入れ」を行い文書による回答を11月4日に受けています。
001 (2)
 5つの緊急要望行い、その1つに「市民への放射線測定器の貸し出しを行なうこと」に対して「測定の要望があれば、職員が出向いて測定するような対応を検討いたします」と回答を受けています。
対応の強化を求め市長に対し「放射線測定と除染に関する申し入れ」で5つの項目の緊急要望の内容と回答は以下の通りです。

 1つ目 「全小中学校に放射線測定器を購入し配布すること」

 市 末広幼稚園及び小中学校に放射線測定器を設置すべく事務を進めている。購入時期は、23年11月4日に入札を行い24年1月31日までに納品され配布される予定。
 
 2つ目 『全小中学校、保育園、幼稚園、各施設でマイクロスポットとなる可能性が高い「雨樋の下」「雨水枡」「校庭隅の吹き溜まり」などの測定を実施し、必要な場合は除染を行うこと』

 市 私立を含む全保育園及び市で所管する福祉施設については、10月26日から28日にかけて測定した。測定に際して、園庭、砂場のほか、雨樋の下等も含め3箇所測定した。また、末広幼稚園及び小中学校の雨水のたまる箇所等については測定を予定。なお、測定結果により放射線量が高い箇所については、除染を含め対応する。
 この回答に対して、測定結果の提出を要求しましたが結果については、ホームページ等で公表をしていくとのことです。


 3つ目 除染が必要とされる基準を設定し、基準を超えたポイントについては市の責任で除染を行うこと。基準以下のポイントについては除染の方法を周知し、市施設であっても市民あるいは職員の除染を認めること。

 市 基準については検討している。除染の方法についてのマニュアル作成も検討している。基準以下のポイントについては、除染は必要ないものと考える。
公園、レク施設の測定については、現在8箇所で定期的に行っており、基準値(国際放射線防護委員会が定める基準値)を超える数値は検出されていない。今後、全公園の測定を予定しているが、市の定めた基準以上のポイントが検知された場合は、基準値以下となるよう除染する。

 
 4つ目 市による活動は広範囲かつ長期にわたるため、現在の担当課職員で遂行するには限界があり、専門の職員を必要な人数加配して臨むこと。

 市 職員数については、今後大量退職期を迎え減となった相応の補充は難しい状況でる。また、放射線関連の具体的な施策は今後、国・県においても新たな制度や仕組みも考えられるため、その動向に注視し必要に応じ対応していく。

 5つ目 市民への放射線測定器の貸し出しをおこなうこと。

 市 測定の要望があれば、職員が出向いて測定するような対応を検討する。

 各地で住民の放射線調査で高い放射線を計測している報告がされています。
   市民の安全・安心、要望や要求の実現に向け引き続き頑張ります。



放射能 | 00:11:15 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。