FC2ブログ
 
■プロフィール

鈴木友之

Author:鈴木友之
 ようこそ、日本共産党坂戸市議会議員の鈴木ともゆきのブログです。
 日ごろの活動や出来事をつづっています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
憲法九条を活かした平和構築こそ日本の役割
 11月13日、パリで「同時多発テロ」が起こり、129人が犠牲になった世界は「9.11」以来の衝撃に襲われました。イスラム国(IS)による犯行と見られるこの事件によって、世界はどう変わっていくのだろうか?
今回のテロについて、フランスのオランド大統領は、即座にISの犯行と断定。そして、IS自身、「犯行声明」を出しています。
2014年に「どこからともなく」現れ、いきなりイラクとシリアにまたがる広大な地域を占領したIS。シリアの反体制派を支援しているトルコが、アサド政権を支援するロシア軍機を撃墜。報道では、パラシュートで落下中の操縦士を銃撃し死亡させている。ロシアはISだけでなく、反体制派への攻撃を強めている。アサド政権排除に動いた欧米であるが、アサド政権が崩壊すると力の空白ができ、IS、アルカイダの温床になる危険があり、事態はいっそう複雑で混迷をきたしているのが現状です。

 さて、日本で安保関連の法制、集団的自衛権の行使容認が議論され、海外への派兵の条件を緩和しようとしているさなか、世界の方がめまぐるしく変わってしまったことに注視する必要があるのではないでしょうか。
日本が集団的自衛権の行使容認、戦争法案が審議されている間に、武力・軍事力の行使では、およそ問題が解決しないということが明らかになったのではないだろうか。特に、イスラム世界で起きている現在の混乱において、軍事力の行使は、紛争解決に貢献しないのは明らかではないだろうか。
この地域で、かろうじて「武器を使用していない」という、他国にない日本の立ち位置、平和憲法をどう活かすのか。安倍政権の外交・安全保障政策は、危険と混乱を拡大させるだけです。


スポンサーサイト
日記・コラム | 12:57:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
坂戸市 学童保育 勉強会
5日、午後8時から学童保育主催の「子ども・子育て支援新制度」学習会に参加しました。
 共働き、ひとり親の家庭にとって小学生の放課後、もう一つの子ども達の生活の場である学童の果たす役割はより大きくなっている。
 わかりやすい説明で大変勉強になりました。

IMG_0477.jpg

 しかし、この法案、民主、自民、公明3党が「子ども・子育て新システム」関連法案を消費税増税のための密室取引の材料にして強行採決したことは記憶に新しい。その内容と国民の意思をふみにじるやり方は怒りが広がった。この新システムからの「修正」は、小宮山洋子厚生労働相が当初の「8割実現」と語っている通り、「新システム」制度の根幹をほとんどそのまま引き継いだものである。

 安倍首相は19日の記者会見で、6月にまとめる成長戦略の第1弾を発表し、女性の活躍を成長戦略の中核と位置づけ、今年度から2年間で20万人、5年間で40万人を保育する環境を整えて待機児童解消を目指すとしているが・・・「子どもの最善の利益」を大前提に考え進めなくてはならないと考える。
 待機児解消は、規制緩和・株式参入が「決め手」のように言われるが、今でも狭い保育所の基準を引下げ「待機児」解消はあってはならない。

482501_348045981968257_453270595_n.jpg


 数字を見れば、認可保育所に預けたいと思うのは当然ではないだろうか・・・2012年保育所の死亡事故・認可6件(利用200万人以上)、認可外12件(利用20万人弱)と事故率20倍となる。

 消費税増税、原発再稼働、環太平洋連携協定(TPP)に反対するたたかいが大きなうねりとなっています。日本共産党は、参議院で修正案の問題点を徹底的に明らかにし、国民にひろく訴え、国民全体のたたかいの力で廃案に追い込むまで全力を尽くします。

日記・コラム | 15:28:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
坂戸竹灯の夕べ
 東日本復興支援「竹灯の夕べ」が開催されました。これまで地元の泉町囃子会が中心となり、開催されてきましたがより多くの方々に地域の振興と活性化、そして、東日本の復興を広く訴えようと本年度から「坂戸竹灯まつり実行委員会」で実施しました。

016.jpg


012.jpg


日記・コラム | 19:29:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
慈眼寺のしだれ桜
 21日のことですが、議会最終日のお昼休み、中央公民館のベンチで一服しながら隣で一服しているおば様と雑談・・・桜の開花が早まり、公民館の桜もだいぶ開き始めていました。
 
 議会中は、ずっとカリカリしている感じなので心が癒されます。

 桜を見ながら一服しに来た職員と市内の桜の状況など意見交流・・・慈眼寺のしだれ桜が見頃ですよ!と聞いたもんで午後の議会が閉会してから直行で慈眼寺に行ってきました。

DSC05377.jpg

 きれいでした。ちょうどテレビ局の車も停まっていて取材に来ていたようでした。

 3月30日~4月8日に第9回目を迎える≪中小坂・慈眼寺しだれ桜まつり≫が行われます。桜の下でジャズのライブイベントなどが行われます。詳しくは、慈眼寺ホームページをご覧ください。

日記・コラム | 20:33:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
地区労・旗開き
 25日、地区労の旗開きに参加させていただきました。
 昨年の総選挙の結果で自公政権が返り咲きましたが、自公政権への期待が広がったものではありません。それどころか、改憲や消費税増税、TPP、原発再稼働に対する反対など、国民の要求はいっそう大きくなっています。

 デフレ不況からどう抜け出すか。総選挙の争点ともなりました。これまで日本共産党は「国民の所得を増やし、内需を活発にする」ことが最大のカギだと主張してきました。

 安倍政権・日銀が打ち出した「2%の物価上昇目標」を達成するまで無制限の金融緩和をする方針に各メディアでも疑念の声が上がり始めています。NHK「時論公論」では、「金融緩和で、いくらお金を用意しても企業が借りようとしない、要するに需要不足が根本の問題です」と論じています。処方せんを、規制緩和などの「構造改革」に求める論調もあるものの、しだいに内需拡大、とくに賃金や雇用に目が向きはじめています。

 労働者の賃金、雇用、労働条件など厳しさを増しています。国税庁の民間給与実態調査でも2000年から11年の間に労働者の年収が52万円も減り。これが消費を落ち込ませ、企業も商品が売れず、景気がよくならない原因になっています。しかし、日本経団連はベースアップ(賃上げ)の余地なしとしています。

 日本の経済が低迷している最大の問題は、大企業が260兆円もの内部留保をため込み、まともな使い道も考えられずに金余り状態にある一方、労働者の賃金が減りつづけ、家計は物を買う力を失っている状態にあります。

 企業の売り上げが伸びず、厳しい状況! 当然です!11年前から52万も年収が下がっているのですから・・・
 春闘で、賃上げ、雇用と労働条件の改善をかちとるためにも、安倍晋三政権と財界による大企業の利益を最優先する経済政策と対決し、いまこそ国民の所得を増やして景気を回復する政策への転換をはかることが求められています。
 空前の金あまりとなっている。大企業の巨額の内部留保のごく一部を社会的に還元すれば、その道は開けます。
政治を国民の手に取り戻すためにも、きたるべき参院選挙での躍進にむけ、全力をつくします。

093.jpg

099.jpg



日記・コラム | 00:55:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。