FC2ブログ
 
■プロフィール

鈴木友之

Author:鈴木友之
 ようこそ、日本共産党坂戸市議会議員の鈴木ともゆきのブログです。
 日ごろの活動や出来事をつづっています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
 研修から帰ってきました
 今回、消防議会で研修に行った宮城県名取市は、昨年の震災後7月に共産党議員団として復興支援に行った自治体であり偶然にも消防議員としてほぼ1年後再び訪れることができ有意義な研修でした。
 1日目、名取消防本部に到着後、震災当時の現場での対応などお聞きしましたが震災当日の緊迫した状況が伺えました。名取消防では職員が3名、消防団員16名が広報巡回・避難誘導中殉職したということでした。
 当時の津波と津波による火災の対応に追われ、消化活動、人命救助と4日間は休むことなく動き続けたそうです。その活動はあまりに過酷で披露により脚の腱が切れてしまった隊員もいたそうです。

DSC04102.jpg

 2日目は、現地視察です。名取市では、海沿いの閖上地区の被害が甚大で500を超える世帯が有りましたがほぼ全壊となり基礎だけが残っているという状況です。
 復興支援に来たときに農家のヘドロの撤去の休憩中に農家のご主人が海の方を指差し、今は海が見えるがあそこには住宅街があって海は見えなかったんだよ・・・その住宅が津波で押し流されここらへん一体に流れ着いたんだよ。と聞かされたことを思い出しました。
DSC04133.jpg
 本当に根こそぎです。1年前は立ち入ることができない地区でしたので被害状況を目の当たりにし言葉もなかったです。特にこの地域はガレキも残らないほどに全てが流された地域だったと消防長がおしゃっていたのを聞いて津波の恐ろしさを実感しました。
 この写真は、日和見山と呼ばれる山の上から撮った写真です。地元の漁師がこの山に登り海の状況を見て漁に出かける灯台がわりの山だったそうで閖上地区が見渡せます。全体が見渡せるこの場所で黙祷をささげ視察をさせていただきました。
 
DSC04135.jpg

DSC04124.jpg


スポンサーサイト
坂戸市政 | 22:12:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。