■プロフィール

鈴木友之

Author:鈴木友之
 ようこそ、日本共産党坂戸市議会議員の鈴木ともゆきのブログです。
 日ごろの活動や出来事をつづっています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
参議院選挙 前日アベノミクスを考える
 ニュースで大手乳業会社が、10月にも牛乳の小売価格を値上げする見通し、関東地区の酪農家団体と10月出荷分から1キロ(約1リットル)当たり5円引き上げることでほぼ合意と報道。

 森永乳業は「自助努力では難しいので値上げも検討する」と説明。明治も「自社での吸収や値上げも含めてあらゆる対応を検討したい」としている。

 農林水産省や酪農団体によると7~9月の配合飼料価格は1トン当たり、過去最高の約6万8000円まで上昇し、酪農家の負担が重くなっている。

 アベノミクスともてはやされていたが、安倍政権の経済政策への期待感もどんどん減ってきている。 円安による物価の高騰、一向によくならない勤労者の雇用や所得など、多くの国民は、一部の大企業と金持ちにしか恩恵のない自民党・安倍政権の経済政策に疑問を感じている。

 そして、さらに庶民に追い打ちをかける。「消費税の大増税」や「社会保障の切りすて」が始まろうとしている。こうした自民党安倍政権の暴走に正面から立ち向かえるのは日本共産党しかないのはこれまでの政治の流れを見れば明らか。

 民主党は、国民の生活が優先であるとしきりに言っているが「国民の生活が第一」「コンクリートから人へ」と打ち出したが、民主、公明、自民党の3党談合で消費税増税を推し進め、公約を投げ出したことへの反省はないのか疑問を感じる。

 維新の会、みんなの党も、消費税増税、大企業優先という政治姿勢、自民党と全く変わりがない。
 
 参議院選挙、日本共産党の躍進でこんな古い政治を変えていきましょう!全力で頑張ります。

main_img.jpg

スポンサーサイト


未分類 | 18:12:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。