■プロフィール

鈴木友之

Author:鈴木友之
 ようこそ、日本共産党坂戸市議会議員の鈴木ともゆきのブログです。
 日ごろの活動や出来事をつづっています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
坂戸市 学童保育 勉強会
5日、午後8時から学童保育主催の「子ども・子育て支援新制度」学習会に参加しました。
 共働き、ひとり親の家庭にとって小学生の放課後、もう一つの子ども達の生活の場である学童の果たす役割はより大きくなっている。
 わかりやすい説明で大変勉強になりました。

IMG_0477.jpg

 しかし、この法案、民主、自民、公明3党が「子ども・子育て新システム」関連法案を消費税増税のための密室取引の材料にして強行採決したことは記憶に新しい。その内容と国民の意思をふみにじるやり方は怒りが広がった。この新システムからの「修正」は、小宮山洋子厚生労働相が当初の「8割実現」と語っている通り、「新システム」制度の根幹をほとんどそのまま引き継いだものである。

 安倍首相は19日の記者会見で、6月にまとめる成長戦略の第1弾を発表し、女性の活躍を成長戦略の中核と位置づけ、今年度から2年間で20万人、5年間で40万人を保育する環境を整えて待機児童解消を目指すとしているが・・・「子どもの最善の利益」を大前提に考え進めなくてはならないと考える。
 待機児解消は、規制緩和・株式参入が「決め手」のように言われるが、今でも狭い保育所の基準を引下げ「待機児」解消はあってはならない。

482501_348045981968257_453270595_n.jpg


 数字を見れば、認可保育所に預けたいと思うのは当然ではないだろうか・・・2012年保育所の死亡事故・認可6件(利用200万人以上)、認可外12件(利用20万人弱)と事故率20倍となる。

 消費税増税、原発再稼働、環太平洋連携協定(TPP)に反対するたたかいが大きなうねりとなっています。日本共産党は、参議院で修正案の問題点を徹底的に明らかにし、国民にひろく訴え、国民全体のたたかいの力で廃案に追い込むまで全力を尽くします。
スポンサーサイト


日記・コラム | 15:28:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。