FC2ブログ
 
■プロフィール

鈴木友之

Author:鈴木友之
 ようこそ、日本共産党坂戸市議会議員の鈴木ともゆきのブログです。
 日ごろの活動や出来事をつづっています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
北坂戸中学校跡地問題
8月21日付、東京新聞に取材を受けていた記事が載りました。

東京新聞ホームページへ


以下、東京新聞から

【埼玉】

坂戸市 議事録を墨塗り公開 北坂戸中「跡地利用検討委」

2013年8月21日


質疑応答や意見の部分がすべて墨塗りされた公開文書(一部画像処理)
写真
 坂戸市が二〇一一年三月に閉校した北坂戸中学校の跡地利用を検討した「跡地利用検討委員会」の議事録について、市議の情報公開請求に対して協議内容をほとんど墨塗りして公開していたことが分かった。市議は「民間への売却方針がどのように検討されたのか検証できない」と批判。市は「担当課長らの発言内容が公開されると、今後、自由な討論ができなくなる。協議内容は報告書で議会に報告している」としている。 (中里宏)
 検討委員会は、北坂戸中と泉中の統合方針が決まった後、副市長を委員長に関係部課長で構成する内部委員会として一〇年五月に発足した。同年八月の中間報告で、北坂戸中跡地約二・九ヘクタールを売却処分する方向性を打ち出した。今年三月の第五回検討委では「民間事業者への売却を模索するべきだ」とする最終報告をまとめ、市議会に提出した。
 市議会の鈴木友之氏(共産)が五月に検討委の議事録を情報公開請求した。市は中間報告や最終報告について協議した委員会の「質疑応答」「意見」のすべてを墨塗りして公開。北坂戸中や北坂戸幼稚園(閉園)の跡地管理体制について検討した議事録も「次のように結論づけた」とする結論部分をすべて墨塗りで公開した。
 鈴木氏は墨塗り部分の公開を求めて不服申し立てを行い「議員や市民に見えないところで財産売却の話が進められ、後から検証もできないのはおかしい」と主張している。
 市総合政策部は「担当部課長の発言内容が公開されると、今後自由な討論ができなくなるおそれがある。検討内容や結論については最終報告にまとめ、議会にも報告している」としている。
 市幹部は「内部委員会の議事録は情報公開を前提にしていないので、後で参考にできるよう、詳しく記録している。市によっては公開してもいいように簡略化した議事録にしているところもある」と話している。
スポンサーサイト


未分類 | 10:11:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。