FC2ブログ
 
■プロフィール

鈴木友之

Author:鈴木友之
 ようこそ、日本共産党坂戸市議会議員の鈴木ともゆきのブログです。
 日ごろの活動や出来事をつづっています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
3月議会 予算委員会
 3月議会の予算委員会も最終日です。連日、市役所に缶詰状態で対応に追われています。
 2012年度補正予算案が参院本会議で26日わずか1票差で採決されました。この補正予算案は、大企業支援と国債増発による大型公共事業の大盤振る舞いという、国民の暮らしの要求には背を向け、大企業応援が目立つ、景気回復に効果の乏しいもので、そのうえ消費税増税を基礎年金国庫負担2・5兆円の償還財源としています。

 公共事業の多くは、地方自治体の負担をともないます。この負担を軽減するためと称し、地域の元気臨時交付金が創設され、本市では入西地域交流センターなどを前倒しで予算計上することにより、その分当初予算が縮小されることになっています。

 市の進めてきた事業、国の補助が出るから、活用しない手はないが・・・しかし
 
 大局的に見れば財務省の見込みでは、補正後の年度末普通国債残高は701兆円に達し、国・地方の長期債務残高は930兆円、対GDP比で196%になるとされています。財政危機はますます深刻化し、安倍内閣はそのツケを消費財増税で国民にかぶせようとしています。
 大企業にはバラマキ、国民には増税・・・以前の自民党政権と何か変わったんだろうか?
スポンサーサイト


坂戸市政 | 15:35:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。